女性の悩みの種であるシミは皮膚科クリニックで解決!

女の人

シミの種類

カウンセリング

シミは30代前半から40代にかけて現れ始め、加齢を伴うことで徐々に目立つようになってしまいます。そのため、多くの女性がシミをどうにかして消したいと考えているのです。しかし、実はシミには種類がいくつもあることをご存知でしょうか。シミの種類によっては、皮膚科クリニックでの治療が必要な場合もあります。また、予防や対策方法も種類によってそれぞれなので、きちんと正しいケアを行なうためにもシミの種類を知っておきましょう。最も一般的で多くの女性に確認されているのが老人色素斑になります。症状の名前に老人というワードがあるために、加齢が原因だと思う方も多いですが厳密には違います。この老人色素斑の最たる原因は紫外線の浴び過ぎによるものです。この老人色素斑の特徴としては、ほんの数ミリから1センチほどの大きさで、頬やこめかみなどの紫外線が当たりやすい部分にできやすいと言われています。他にも、炎症性色素沈着と呼ばれるシミがあります。炎症性色素沈着はニキビや摩擦によって、肌の内側で炎症が起こってしまったことが大きな原因です。色素は若いときには肌のターンオーバーが活発なため、跡は残りにくいものです。しかし、加齢を伴うことで肌の回復が間に合わず、消えないシミとなり色素沈着という形で現れます。この炎症性色素沈着は炎症が皮膚の内側で起きているときのケアが何よりも大切になります。そのため、炎症が起きていると感じたらすぐに皮膚科などに行き、専門的な医師に相談するといいでしょう。

各シミにはできる原因と処置の方法が違います。そのため、シミを消したいと思っている方は、ご自身のシミがどの種類に該当するのかを知っておくべきです。現在で最も多くの女性が悩んでいるシミが「老人色素斑」です。この老人色素斑は加齢に伴うターンオーバーの低下と紫外線が大きく関係して発症します。対策方法としては、紫外線対策を徹底的に行なうことをおすすめします。最近では、UVカットができる美容化粧品も多くのメーカーによって開発されていますから、そういった製品を活用するのもいいでしょう。また、他にもシミにはニキビに関係している炎症性色素沈着などがあります。炎症性色素沈着は名前の通りに、皮膚の炎症によって色素沈着を引き起こすタイプのシミになります。この炎症性色素沈着をケアするためには、皮膚の内側で炎症が起こっている状態で正しいケアをしておく必要があります。確かにニキビなどはご自身で潰して回復させる方も多いですが、ニキビ跡や色素沈着させないためにも、専門的な皮膚科で治療を受けることをおすすめします。とにかく、シミに悩んでいるのなら直接、皮膚科に赴き医師に聞いてみることが一番確実で手っ取り早い方法です。医師ならシミの種類やケア方法に関する知識も豊富なので、適切な処置を行ってくれます。しかも、現代においてはレーザー治療などでシミを除去することもできますので、治療を受けることを検討するといいでしょう。